管理薬剤師は誰でもなれるというものではありませんよ!

管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由

管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由

薬の取り扱い全般・製造・販売に責務を持っており管理者としての立場にある薬剤師が管理薬剤師です。 調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社・医薬品卸では管理薬剤師が必要です。 ここでは、管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由をご説明します。

一般的に、管理薬剤師が勤務しているのはドラッグストアや調剤薬局が主流です。 しかしながら、勤務先によっては「一般薬剤師と大差がない」と見なされることも多いです。 薬事法が改正され登録販売者制度が施行されてドラッグストアでは薬剤師が不要な第二類と第三類の医薬品販売ができるようになりました。 これが影響して薬剤師の職場は減少しています。
助産師の転職先をお探しの方

管理薬剤師を必要とする職場は薬局に限ったわけではありません。 薬品や化学品を取り扱うメーカー・製薬会社・医薬品卸業などの企業でも必要とされています。 勤務先や企業によって管理薬剤師の仕事は違います。

医薬品卸業では許認可申請の届け出や監督官庁への行政対応があります。 「医薬品の使用期限・品質管理を実施する在庫管理」や「医薬品の情報管理や問合せに対応する業務」もこなさなければなりません。

薬剤師法や薬事法などの法律知識は必須で、医薬品の品質情報や安全情報に準じた確認作業や情報管理も管理薬剤師の仕事です。 庶務的な仕事もあり「MRへの指導」「勉強会の企画や開催すること」や「文書ファイリング」や「帳票類の作成」もあります。

薬品や化学品を製造販売する会社や製薬会社に勤務する場合は、医薬品の製造に関する品質管理基準の管理や医薬品製造に使う薬品の管理をしたり、製造現場で出荷に関する最終判断を担当したりと責任ある立場になるケースもあります。 信頼のおける管理薬剤師の存在によって企業側にとっては製品管理や医薬管理が徹底できます。

医薬品は健康を守ったり病気を治療したりする大切な役割がある一方で、口から入るので生命や人体への直接的な影響が懸念されます。 安全で正しい取り扱いや適切な医薬品管理は必要不可欠です。 これらの責務を担当する管理薬剤師のポストはとても大きなウエイトを占めることは明白です。
金沢大学保険課

以上、管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由をご説明しました。 企業に勤務する管理薬剤師はやりがいのある仕事です。 会社勤務ですから勤務体系も整備されています。

高収入・好待遇も期待できるでしょう。 誠実で安全な企業体制を目標にしている会社も多く、管理薬剤師のニーズは高まっているので今が転職のチャンスでしょう。

精神科看護師の転職理由について

看護師としてどのような職種で働いているかによって転職理由は違ってきます。 その職種でどのような転職理由が多いのかをチェックしておけば、その職種の大変なポイントなどもわかるでしょう。

そのため、これから転職しようと思っている方は退職理由をチェックしてから決めるのもおすすめです。 精神科看護師の転職理由についてご紹介するので参考にしてみてください。

まず、医療行為がそれほど多くないということ。 そのため、精神科の看護師としての知識は増えていきますが、看護師としての技術がそれほど身につきません。将来転職を考えるとここがマイナスポイントになる方も多いようです。

医療行為がないということは長年の看護師として働いたとしても転職が厳しくなるかもしれません。

それから、精神科という職場は他の科にはない独特な雰囲気を持っていると言われます。 一般的な科では看護を続けることで徐々に状態が良くなっていくことがほとんどではありますが、精神科の場合は一生懸命尽くしても状態が変わらず、やりがいが感じられないという方もいるようです。

それに、精神患者を看護しているうちに自分が精神的に不安定になってしまい、限界を感じて転職する方もたくさんいます。このあたりは強い意志を持って仕事に取り組まなければなりません。 一般科の患者さんとはまた少し違った対応しなければならないので、転職した後は慣れるまでに時間がかかるでしょう。

それまでに一般科で働いてきた看護師からすればもしかしたら精神科は少し楽そうに見えるかもしれません。確かにゆったりとした時間の中で働ける職場が多いのですが、看護するのは精神医患者であるということもよく考えておきましょう。

場合によっては患者さんから精神的暴力や身体的暴力を受けることもあります。 こういった危険性もあり、精神科では男性看護師が重宝されているのです。 これから精神科で働きたいと思っている方は実際に精神科で精神科に勤めたことのある知り合いを探し、話を聞いてみると良いですね。

手術室看護師の転職理由について

看護師としてスキルアップをしたいという方からも選ばれているのが手術室での仕事です。 職場は非常に緊張感が高く、だからこそやりがいやスキルアップに繋がるでしょう。

ただ、手術室で働いていたものの、そこから転職を希望する方もたくさんいます。 手術室への転職を希望する方がいる一方で、ここから転職する方はどのような理由を挙げているのかについてご紹介しましょう。

まず、実力不足を感じて転職をする方もいます。 手術室といえば小さなミスさえ許されない空間です。 そのため、志を持って手術室の看護師として働き始めたものの、自分が持っている技術や知識と求められているものに差があり、苦しんでしまう方もいます。

手術室では看護師はもちろんのこと医師も非常にピリピリしているので、少しミスをしただけで怒鳴られてしまうことも珍しくありません。 こういったことは大きなプレッシャーになり、精神的に病んでしまったという方もいるのです。

それから、スキルアップのために他の職場を希望する方もいます。 確かに手術室では様々のことを学べるのですが、ここで学べることというのは非常に偏っているといえるでしょう。

病棟で働く看護師は様々な業務を担当していますが、手術室の看護師は専門的な業務を担当することになります。そのため、病棟で働く知り合いの看護師から仕事の話を聞いていたところ、自分が体験したことがないような様々な仕事をこなしていて驚いたという方もいるようです。

将来的にずっと手術室看護師として働き続けたいと思っている方は問題ないかもしれませんが、様々な職場や職種を体験してみたいと思っている方は、新たな知識や技術を得るために転職することがあります。

手術室への転職を検討しているものの、自分の技術や知識で本当にやっていけるのか悩んでいる方もいるかもしれません。実際に転職が終わったあとに技術不足を感じても大変なので、こういったことは事前に確認しておきたいですよね。

転職支援サイト使えばコンサルタントにそういった相談もできるので、自分一人で決めずにコンサルタントの力を借りましょう。

↑ PAGE TOP