理想の薬剤師を目指すにはどんなスキルが必要?

ヒューマンスキルを持っている理想的な薬剤師像

ヒューマンスキルを持っている理想的な薬剤師像

あるアンケートで興味深い結果がありました。 有識者・薬局経営者に面談形式で「人材育成で重要視していること」と「こんな薬剤師は必要としない」という点を中心に質問したものでした。 そこで見えてきたのは人間としてのあり方――つまりヒューマンスキルでした。これは管理薬剤師の求人にも大切なスキルです。

ここでは、ヒューマンスキルを持っている理想的な薬剤師像について考えてみましょう。

アンケート結果での必要な人材では「医療人としての自覚」「コミュニケーション能力」「人間力」「社会人としての常識」などのキーワードが挙げられました。 こういったことは、薬剤師として必要な技能でも知識でもありません。 普通のことばかりです。

社内研修や実務を通じて薬剤師としてのスキルや知識は習得できるでしょう。 けれども重要視しているのは、そういった点ではなかったのです。 薬剤師として要求されるスキルや知識が優秀であっても人間関係では信頼感に結びつかないケースは頻繁に目にします。

しっかり観察していると「ヒューマンスキルの有る無し」になっていることがわかります。 「おはようございます」「こんにちは」「ありがとう」――日常的に取り交わされるフレーズです。 近頃ではこういった<簡単なあいさつ>さえできない人たちが増えているように感じます。

たとえば調剤薬局で処方箋を薬剤師に渡したときです。 「こんにちは、薬剤師の田中と言います。鈴木様の処方箋をお預かりいたします」と自己紹介をする薬剤師はいるでしょうか? そんなことは気にせずに上から目線で対応するシーンを見かけることが多いです。

患者様と対面したときに<強い立場である医療従事者VS弱い立場の患者>とか<専門家の薬剤師VS素人の患者>という心の奢りはありませんか。 患者様は必ずお金に繋がるという制度上の恩恵があるので奢りが生じる落とし穴はどこにでもあります。

「薬剤師として<やりがい>を感じる時はどういった時ですか」との質問にはどういった回答があったでしょうか。 「患者様にありがとうと言われた」「患者様に感謝された」という答えが多いです。 ほとんどの薬剤師は「何が大切か理解できている」と思います。

薬剤師のプライドが邪魔をしているから実際に行動出来ないケースがあるのかもしれません。 一流ホテルでは<お客様を喜ばせることが自分の喜びである>ということがモットーになっています。 薬剤師は患者様に安全・安心を提供して心を癒すことをモットーにすれば理想的な薬剤師になると思います。 また、それこそが薬剤師のやりがいや生きがいに繋がるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP