薬剤師に人気の治験モニターの仕事とは?

治験モニターで薬剤師の関わりとMRに関する知識

治験モニターで薬剤師の関わりとMRに関する知識

薬剤師の職場の一つでもある治験モニターとMRは人気がでてきているようです。 ここでは、治験モニターで薬剤師の関わりとMRに関する知識をご説明いたしましょう。

治験モニターで薬剤師が関係する部分だけをお話しましょう。 治験で特に問題点がでなければ、その後<薬事申請>をすることになりますが、これが薬剤師の仕事です。 薬事申請は、データを添えて「このような物質からこうった作用があって……」といったことをまとめ上げて厚生労働省に申請をします。

この申請が通らない限りは薬ではないのです。 申請が下りれば製造・販売が可能になり製薬会社は薬を製造できます。

製薬会社でよく耳にする名前が<MR>ですが説明しておきましょう。 簡単に言えば製薬会社の営業マンのことです。 MRの約3割程度が薬剤師資格を持って仕事をしています。 薬剤師以外では文系卒の人たちが多いです。

製薬会社が医療機関に対してセールスする場合に専門的な情報提供をする医薬情報担当者なのです。 <学術>と呼ばれる分野ではMRが医師のところで薬の説明をしても質問されてわからないことがあるケースもあるみたいです。 また薬局や病院ですでに医薬品が使用されていて、一般消費者から質問があった場合の質疑応答の仕事もします。

MRは特に薬剤師資格が必要ではないのです。 薬科大学を卒業していても薬剤師の資格がない人たちがMRとして仕事をしているケースも多いです。 MRは薬剤師の資格もないので人手不足ではないと考えがちですが全然足りていないようです。

営業でも細かい薬学の知識は必要であるのは当然として全国転勤がとても多いからでしょう。 大手の製薬会社に勤めると病院は全国にありますから全国がマーケットです。 基本的には日本全国に転勤があると考えて良いでしょう。

外資の製薬会社が日本国内で薬を販売すると決定した際にMRを100名程度の規模で突然募集したりするケースがあります。 でもMRなど余っているはずがありまんせんから全然人手が足りなくなります。 そんな場合にはMR専門の派遣会社に依頼するようです。

以上、治験モニターで薬剤師の関わりとMRに関する知識をご説明いたしました。

↑ PAGE TOP