これから薬剤師を目指す方に、ぜひ読んでもらいたい

薬剤師に関する一問一答

薬剤師に関する一問一答

――どうすれば薬剤師になれるのでしょうか?

薬剤師になるには<薬剤師国家試験>を受験して合格しなければなりません。 薬科大学や薬学部を卒業しなければ受験資格がありません。 一般の大学を出て薬学の知識があっても受験できないことになっています。

薬学部や薬科大学が4年制から6年制に移行しましたが、この経過措置として4年制の薬学部を卒業しても国家試験に不合格になったり、薬剤師資格を持っていない人も多いです。 そういった人たちのために何年かは4年制の卒業生でも受験できるようになっています。

――薬科大学や薬学部は他の大学と比較して授業内容は特殊ですか?

授業については薬学のことは当然勉強します。 それ以外では、人体や病気に関しての知識や科学的な分野も学習するようになっています。

――実験は多いと聞きますが、時間的には余裕がありますか?

実験も多いですし勉強しなければならないことも多いです。 他の大学生のようにサークル活動をしたりアルバイトをすることは無理でしょう。 試験勉強や実習や研究で終われますから、ほとんど自由な時間はありません。

――一般的な大学と比較すると学費は高いでしょうか?

学費は相当に高いと思います。 普通の文系の大学であれば年間で100万円前後でしょう。 しかし薬科大学の場合で私立の場合は年間200万円は必要ですから、6年で1,200万円もかかることになります。 そして卒業しないと薬剤師の受験資格ももらえないということになります。

――試験を受験するための年齢制限はありますか?

年齢制限は一切ありません。 薬科大学を卒業して10年間国家試験を受験していなくても、突然薬剤師を目指して受験することもできます。

――国家試験に合格したら、その日から薬剤師になるのでしょうか?

薬剤師試験に合格すれば免許がもらえます。 病院とドラッグストアは就職できます。 調剤薬局で仕事をする場合は保険薬剤師登録をしなければなりません。 薬剤師の資格があれば都道府県登録をするのですが申請すれば誰でも通ります。

↑ PAGE TOP